インサイダー

インサイダーとは、内部者の意味になり、相場取引においては、その相場の大きな変動の要因になるような内部的な事情をもとに、自らが相場取引を行ったり、事前に懇意にしている投資家などに情報提供して相場取引を行わせることによって、大きな利益を上げたりすることを指します。

こうしたインサイダーによる取引やその幇助、いわゆるインサイダー取引は、特に株取引においては厳重な取り締まりが行われています。
株式市場でのインサイダー取引は、内密性が高くまた大きな不公平を生み出しやすい特徴があり、問題となることが多いのです。

たとえは、証券取引所で取引が行われる上場企業では、その経営などの機密情報を知り得る事の出来る地位や立場にいる人間が、その企業の株式市場のにおける相場の変動に大きく関わるような重要な会社情報を利用して株取引を行うことは、情報公開を元に証券取りひじ所に上場していることを大きく覆し、また、ほかの投資家との間に大きな差異を生むことになるので、証券取引法において規制されているのです。

こうした事が頻繁に行われることになれば、証券取引所の信用が大きく損なわれ、その公正性や健全性が失われることになり、取引の継続が難しくなってしまうからです。
また、こうしたインサイダー取引では、企業などの未公開となっている機密情報を漏洩した本人はもちろんですが、その情報を受けた側にもこの取り締まり規制の対象になるために、注意が必要なのです。

このようなことから、株取引においてのインサイダー取引は厳重に取り締まりがされており、インサイダー取引を行ったものには5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられることになり、このインサイダー取引によって得られた利益は没収されることになります。

またこれが企業全体で行った法人によるものでは、法人関係者の個人だけではなく、法人そのものも処罰の対象になり、5億円以下の罰金が欠けられることになっているのです。

このように、非常に強い厳罰をもってして大書されるインサイダー取引ですが、実は先物取引には、こうしたインサイダー取引の規制がありません。

これは、先物取引で扱われている銘柄は、基本的には広く売買が行われているものになり、株取引のように一つの企業による情報で相場の変動が大きく変わる事がなく、その相場の変動が需要と供給のバランスによって成り立っているからであるとされているからです。

ですので、例えば原油を積んだタンカーに事故があったので原油が高騰する、という情報を内部事情を知る人間から得て取引を行ったとしても、先物取引ではインサイダー取引には当たらないのです。